検索

メニュー

カテゴリー

カテゴリ000)カテゴリー一覧と見方

カテゴリ001)賃貸物件情報

カテゴリ002)おすすめ物件

カテゴリ003)お部屋探し~退室 

カテゴリ004)住まいのしおり

カテゴリ005)不動産用語集

カテゴリ006)賃貸Q&A

カテゴリ007)売買Q&A

カテゴリ008)在住外国人Q&A

カテゴリ009)地域・まち情報

カテゴリ010)外国人コミュニティー

カテゴリ011)外国人の住宅事情

カテゴリ012)教育・文化・娯楽

カテゴリ013)仕事情報

カテゴリ014)生活の豆知識

カテゴリ015)トラブルバスター

カテゴリ016)アドバイザー 『ブログ』

カテゴリ017)その他の情報

お問い合わせコーナー

「Live in Japan」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

外国人にとっても便利な部屋探しアプリ。英語対応の東京エリアの賃貸住宅物件の検索アプリ「Live in Japan for iPhone」地図を見ながら直感的にお部屋が探せる「マップ検索」や“ペット可”など希望の条件指定で絞り込みが出来る「こだわり検索」でお探しの物件が探せます。無料で配信中!App Storeからインストール。英語、日本語に対応。

「賃料計算機」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

部屋探しのサポーター。契約時の費用、契約期間の総額、マンスリーと普通賃貸どっちがお得、家具付賃貸と普通賃貸の賃料比較などが簡単にできます。 不動産用語もタッチするけで説明文がでてきます。日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語、フランス語に対応 無料配信中。


Live in Japan 東京家具付き賃貸 world living Japanese Apartment 都会と田舎暮らし Japanese Guest house

インテリアプラン

画像 024.jpg

インテリアプラン

プランのたてかた

引っ越しをしたら、まず、インテリアプランを考えます。家具はどこに置いて、 じゅうたんやカーテンはどのようなものにするのか、などなど。ただ、気をつけなければならないのは、インテリアは、 部屋を飾ることではなく、暮らしやすいようにものを整理することだということです。きちんと整理整頓された部屋は、 掃除がしやすく、見た目にもすっきりと美しく見えます。飾り立てることだけを考えず、 使い勝手を考えながらインテリアプランを立てるようにしましょう。そのためには、 自分を含め家族がどのような生活をしていて、何を必要としているかなどを整理します。 限られたスペースの中で生活しているのですから、いらない物を思い切って処分するなどの決断も必要です。また、生活は、 日々変化しています。家族が増えたり、家族が成長するにつれ、必要な物も変わってくるはず。はじめのうちは、 最高のプランを立てたつもりでも、そのうち、状況が合わなくなってきます。暮らしの変化に伴い、 インテリアもかえてみましょう。

玄関

玄関に何を求めるかは家族のあり方によって違います。玄関を、出入りする場所として考えるなら、 下駄箱など必要最小限のものがあれば十分でしょう。玄関で来客を接待することが多いという場合は、玄関は、 その家の顔としての役目を担うわけですから、あまり殺風景ではさびしい印象を与えてしまいます。従来、 日本の玄関は広めに設計され、花をあしらうなど接客用の大切なスペースとして考えられてきました。現在の、 都会の住宅では、玄関スペースを広くとることは難しいですが、お客様がこられたときや家族が帰ってきたとき、 気持ちよく迎えられるようなスペースにしたいものですね。

リビング

リビングは、団らんの場ですので、家族が一番、くつろげる部屋にしたいものです。マンションでは、普通、 リビングを接客用の応接間として使います。そのため、装飾用の調度品をたくさん置いてしまいがちですが、 くつろぎを目的とするなら部屋は広く使うことを心がけましょう。家具は部屋の大きさに合わせて選び、配置を考えます。 ソファーの配置は、来客用には、改まった対面式もよいですが、相手の視線を受け止めるために緊張感が生まれます。 くつろぎを大切にするならL字型がよいでしょう。また、いすの生活に慣れていないという場合は、座椅子もよいでしょう。 来客用には不向きですが、用意に動かすことができ便利です。また、それにあわせて、 テレビ等の家具をロータイプにまとめれば、視線が低くなり部屋が広く見えます。また、 部屋を広く見せる道具も有効に使います。電気スタンドは、 壁の近くに置いて壁をライトアップすると圧迫感がなくなり部屋を広く見せることができます。 天井を明るくするとその反射光で部屋全体に柔らかさが出ます。鏡は、部屋に奥行きをもたせ、 部屋を広く見せる道具として効果的です。

キッチン

キッチンは、狭いスペースに物をたくさん収納しなければならない場所です。鍋や食器、調理道具や調味料など、 安売りで買いだめした食材、非常食用の缶詰やレトルト食品、いただいたお皿類など、 たくさんの物があふれていることでしょう。キッチンは、使い勝手が一番で、 奥にしまい込んで取り出しにくいということがないよう、すっきり収納することが大切。そのためには、年に1度は、 過去使わずに置いていた物を思い切って処分する、収納方法を変えてみるなどした整理が必要です。また、調味料、 調理用具などは、使いやすい配置に収納するように注意します。毎日の作業効率がずいぶん違ってきます。

寝室

寝室は、1日張りつめていた神経をリラックスさせるようなムードづくりが必要です。 カーテンや寝具など寝室のムードに合わせた色を選びます。カーテンの柄は小さめに。 大きい柄だと圧迫感を与えてしまいます。同様に、寝具のカバーもじゅうたんやカーテンなどの調和を考えて選びます。 寝室で、特に大切なのは、静かで光によって睡眠を妨げられない、換気と温度が適当であることです。防音、遮光には、 遮光カーテンやブラインドが便利です。レースカーテンの他、 障子の和紙も強い外光をやわらかな光にかえるものとして効果的です。