検索

メニュー

カテゴリー

カテゴリ000)カテゴリー一覧と見方

カテゴリ001)賃貸物件情報

カテゴリ002)おすすめ物件

カテゴリ003)お部屋探し~退室 

カテゴリ004)住まいのしおり

カテゴリ005)不動産用語集

カテゴリ006)賃貸Q&A

カテゴリ007)売買Q&A

カテゴリ008)在住外国人Q&A

カテゴリ009)地域・まち情報

カテゴリ010)外国人コミュニティー

カテゴリ011)外国人の住宅事情

カテゴリ012)教育・文化・娯楽

カテゴリ013)仕事情報

カテゴリ014)生活の豆知識

カテゴリ015)トラブルバスター

カテゴリ016)アドバイザー 『ブログ』

カテゴリ017)その他の情報

お問い合わせコーナー

「Live in Japan」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

外国人にとっても便利な部屋探しアプリ。英語対応の東京エリアの賃貸住宅物件の検索アプリ「Live in Japan for iPhone」地図を見ながら直感的にお部屋が探せる「マップ検索」や“ペット可”など希望の条件指定で絞り込みが出来る「こだわり検索」でお探しの物件が探せます。無料で配信中!App Storeからインストール。英語、日本語に対応。

「賃料計算機」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

部屋探しのサポーター。契約時の費用、契約期間の総額、マンスリーと普通賃貸どっちがお得、家具付賃貸と普通賃貸の賃料比較などが簡単にできます。 不動産用語もタッチするけで説明文がでてきます。日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語、フランス語に対応 無料配信中。


Live in Japan 東京家具付き賃貸 world living Japanese Apartment 都会と田舎暮らし Japanese Guest house

カビ・害虫・ネズミ

bikkuri.jpg

カビとは

カビは、温度20から35℃、湿度60%以上の環境を好み、結露した水分、あかや石鹸分、 壁紙のノリなどを栄養源としています。カビ防止のためには、結露しにくい環境をつくり(結露防止の項を参照)、 栄養源となるものをこまめに処理することが大切です。マンション等、集合住宅では、戸建てに比べて寝室、 居間のカビの発生率が高くなっています。これは、最近のマンションは、気密化がすすみ、 自然に換気できなくなっているからです。カビは、その胞子や菌糸を吸込むと、喘息を引き起こしたり、 さまざまな疾病を起こすことがあります。また、カビは、壁や天井に付着して住宅そのものの寿命を縮めますので、 発生したら速やかに処理することが大切です。 

カビの除去方法

  1. 壁・天井
    壁や天井などのカビは、エチルアルコールなどを成分としたカビ取り剤や塩素系漂白剤を水で薄めて使います。 カビ取り剤は、必ず窓を開けて換気しながら使います。また、液が体につかないように、ビニール手袋、 長袖を着用して作業します。

  2. 浴室
    カビ防止のためには、あかや石鹸分をよく洗い流す、湿度と温度を下げておくなどの普段の掃除が大切です。 入浴後は熱湯シャワーを浴室内にかけ、カビの栄養源である石鹸分を流します。石鹸分は意外と遠くまで飛んでいますから、 浴室全体にシャワーをかけて流すことが大切です。その後、冷水シャワーをかけて浴室内の温度を下げます。 冷水をかけるとタイルの表面温度は一気に下がります。最後に、体を拭いた後のタオルでさっと水気を取り除けば完璧。 たった5分程度のお手入れですが、カビ防止のために大変効果があります。

  3. 押入・タンス
    結露の除去方法と同じすが、押入やタンスは締め切ったままにしておきますと、 湿度が高くなりカビが発生しやすくなります。時々(できれば常に)開け放して風通しをよくしておきましょう。 除湿剤や簀の子などを使うと効果があります。


  4. 特に風通しの悪いところなどは扇風機を使って風を送り込むなどの風通しをよくする工夫が必要です。なお、 カビに関しては次のHPを参考にしてください。
    (社)日本DIY協会「HOW TO DIY/和室」
    押入にかびが生えたとき


ダニの性質と駆除方法

最も被害が多いのがコナダニ、ケラカロプシスです。
  1. コナダニ
    一般家庭の畳やジュータンの部屋に多少なりとも生息しています。しかし、 温度や湿度の環境条件がよくなると爆発的に大発生します。 体長は0.3から0.6mmと小さく、 少ないと目で確認できませんが、大発生のときは、畳に粉をまいたように白く見えるので「大騒ぎ」になります。一方、 食品では、殻粉、豆類、チーズ、チョコレート、干し魚など多くの貯蔵食品につき、 不快感から食べられなくなってしまいます。

  2. ケラカロプシス
    主に畳の部屋に発生して、人に刺咬被害を与えています。このダニは肉食性で小さな生き物(チリダニやチャタテムシ) を捕食して生活しています。ところが多数発生するために、吸血目的でなく人に刺咬被害を与え、 最近では被害件数が最も多くなっています。これは、マンションなど鉄筋コンクリートの建物に畳を敷くため、 畳が湿気を含み、ダニの餌になる生き物が増えるとともに、 これら刺咬性のあるダニにとっても好適な環境条件になっているのが原因です。

  3. コナダニとケラカロプシスの駆除方法
    殺虫剤では、フェニトロチオン、マラソン粉剤、DDVP油剤散布がありますが、 他の昆虫に比べ薬剤に強い特製があります。畳に発生している場合、乾燥処理(日光、布団乾燥機など)を行った後、 薬剤処理(乳化剤は不可)を行えば完全です。しかし、どのような駆除作業を行っても、室内に湿気があったり、 清掃が不良であれば再発生してしまいます。そこで、日頃から窓などを開け通気をよくし、 電気掃除機でまめに清掃を行えば、かなりの防除が期待できます。
    ●(社)東京都ペストコントロール協会「PCOシリーズ3」
    (社)日本DIY協会「HOW TO DIY/住まいの害虫退治」害虫の退治方法

ゴキブリの性質と駆除方法

ゴキブリは主に夜間とか人が活動していない時、巣から出て行動します。また、 集団で生活しているので一匹の成虫を発見したときは、その後に20から30匹ぐらいは潜んでいると考えられます。  ゴキブリの駆除方法は次のとおりです。
●(社)東京都ペストコントロール協会 「PCOシリーズ4」
  1. 環境を清潔にする
    ゴキブリの駆除で最も大切なことは環境対策です。まず、第一に、 餌となると思われる残飯を放置せずきちんとフタ付のゴミ箱に入れ、 食品類は容器に収納することが防除の基本になります。ただし、 ゴキブリは人間の食物だけでなくドックフードや茶殻なども食べるのでこれらに対しても配慮が必要です。第二に、 隠れ場所になるようなところを定期的に清掃し、彼らの巣をなくしてしまいます。

  2. トラップや薬剤による方法
    トラップは市販のものが簡便でよく使われています。これはゴキブリが仲間同士群れる性質の原因である 「集合ホルモン」を利用しています。
    薬剤には噴霧剤、塗布剤、エアゾール、燻煙剤などがあります。このうち、残効性が高い成分 (例フェニトロチオンなど)が含まれている薬品の方がゴキブリの駆除には効果があります。  使用方法は説明書などをよく読んでその手順に従い行ってください。しかし、共同住宅、ビル、 飲食店街などでは一斉に駆除作業を行わないと効果があまりありません。

蜂の性質と駆除方法

ハチは、作物の花粉を受粉させる、害虫を食べるなど農業上欠かせない益虫です。 宅地の広がりが彼らの生活圏にはいったため事故が急増したのです。 人がいたずらなどでさわらない限りハチの方からさすことはありません。 ハチとの共存も決して出来ないことではないのです。しかし、 スズメバチなど大型の危険なハチが庭先に巣を作った場合など駆除せざるを得ない場合もあるでしょう。 蜂は次のような方法で駆除します。
●(社)東京都ペストコントロール協会「PCOシリーズ6」
  1. スズメバチ
    夜間、ハチが活動していないときに巣全体をビニール袋で包み込み巣を取り外します。次に、 エーテルを入れてハチをマヒさせて処分させます。また、 先に巣の出入り口からエーテルを入れて行う方法もありますが、 いずれにしてもこの作業は熟練を要するので専門家に依頼した方が無難です。
  2. アシナガバチ類
    スズメバチに準じた方法で行います。巣がよく見える場所にあれば一般の人でも出来ます。また、 冷水をホースなどでかけるとハチがマヒして落下するのでこれを処分する方法もあります。
  3. ミツバチ類
    野生のミツバチはスズメバチに準じた方法で行います。分封時の大群は、 女王蜂を捕まえ巣箱に入れれば群はすべて中に入りますが、この方法は専門家でなければ無理です。 群が少なければ電気掃除機で吸い取る方法もあります。
なお、蜂の巣の駆除は、 行政によっては無料で蜂の撤去をしてくれるところがありますのでお住まいの市区町村に連絡してみてはいかがでしょうか。
但し、壁の中に巣を作ったなど家・ 建物の構造に手を加えるような場合など巣を作った場所によっては撤去できない場合もあるようです。 行政で撤去しない場合でも、自分で撤去するのは大変危険ですので、専門業者にまかせましょう。スズメバチ、 アシナガバチの生態、防除、応急処置については、次のHPまで。他に、アタマジラミ、タバコシブンムシ、 チャタテムシなど。

ネズミの性質と予防方法

ネズミは、食中毒の原因となるサルモネラ菌の媒介をしたり、家財や電線をかじるなどの被害をもたらせます。 ネズミをは、大変繁殖力が強いので、見つけたら早めに駆除しましょう。ネズミの駆除方法は次の通り。  
  1. ネズミの通路を見つけて穴をふさぐ。 ネズミは台所の見えないところにある壁の隙間や浴室などの排水口につけられている目皿などに注意しましょう。

  2. 食品やペットの餌は密閉容器に入れて保管し、生ゴミはふたつきの容器等に入れるようにしましょう。

  3. 粘着シート(出没する場所に広くおくと効果的)や補そ器(壁ぎわ等の物陰におく) 等を活用しましょう。死骸は、家ダニなどの発生原因になるので、 ネズミの出たところや巣のまわりには殺虫剤をまいておきましょう。

  4. 殺そ剤は、ネズミが出入りしそうな場所や通路の物陰におきましょう。
なお、クマリン系と呼ばれる殺そ剤は、数日間、連続して食べさせなければ効果がありません。また、 殺そ剤はペットや子供が誤って食べないように注意しましょう。

ネズミの駆除方法

  1. 殺そ剤 殺そ剤にはいろいろ種類がありますが、大別すると急性殺そ剤(シリロシド、ノルボルマイド、 燐化亜鉛、他)と慢性毒剤として抗擬血殺そ剤(ワルファイリン、クマテトラリル、他)があります。殺そ剤を使うとき、 最も大切なことはおいた毒餌をどれだけ食べるかです。ネズミが好む食物を考え適量混入し、調理場、倉庫、 物入れなどネズミが出入りしそうな場所や通路の物陰においていきます。しかし、 子供やペットが誤って食べることがないよう配慮してください。既製の毒餌もありますが喫食率がやや落ちるようです。

  2. 捕そ器 薬剤の補助手段として捕そ器があります。パチンコや捕そかごなどがありますが、 最近では生体数が少なく、限定された場所の時、粘着板を使うと効果的なことがあります。 死んだネズミはイエダニや衛生害虫の発生源になるので出来る限り取り除きましょう。

  3. 環境的防除 薬品や捕そ器で駆除しても事後の環境の改善がなければ完全に駆除が出来ません。 そこで次の点に注意をし、ネズミが生活できないような環境づくりをしましょう。
  1. 食物を確実に保管収納し、残飯などはその都度清掃し、フタ付容器に入れる。
  2. ネズミの通路を遮断するために、排水路、ドレン、マンホール、そ穴などに金属製のアミをかける。 また、施設内のパイプ壁面、天井、換気口など必要な箇所に金属編みや防そ剤を充填する。
  3. 可能な限り巣を作りそうな場所を清掃し、整理整頓して彼らに住み家をあたえない。
なお、駆除を専門業者に依頼したときは、その助言をよく聞き、 例えば食品類をかたずけ毒餌の喫食率を上げるなど協力すれば効果が一層上がります。
●(社)東京都ペストコントロール協会「PCOシリーズ5」