検索

メニュー

カテゴリー

カテゴリ000)カテゴリー一覧と見方

カテゴリ001)賃貸物件情報

カテゴリ002)おすすめ物件

カテゴリ003)お部屋探し~退室 

カテゴリ004)住まいのしおり

カテゴリ005)不動産用語集

カテゴリ006)賃貸Q&A

カテゴリ007)売買Q&A

カテゴリ008)在住外国人Q&A

カテゴリ009)地域・まち情報

カテゴリ010)外国人コミュニティー

カテゴリ011)外国人の住宅事情

カテゴリ012)教育・文化・娯楽

カテゴリ013)仕事情報

カテゴリ014)生活の豆知識

カテゴリ015)トラブルバスター

カテゴリ016)アドバイザー 『ブログ』

カテゴリ017)その他の情報

お問い合わせコーナー

「Live in Japan」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

外国人にとっても便利な部屋探しアプリ。英語対応の東京エリアの賃貸住宅物件の検索アプリ「Live in Japan for iPhone」地図を見ながら直感的にお部屋が探せる「マップ検索」や“ペット可”など希望の条件指定で絞り込みが出来る「こだわり検索」でお探しの物件が探せます。無料で配信中!App Storeからインストール。英語、日本語に対応。

「賃料計算機」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

部屋探しのサポーター。契約時の費用、契約期間の総額、マンスリーと普通賃貸どっちがお得、家具付賃貸と普通賃貸の賃料比較などが簡単にできます。 不動産用語もタッチするけで説明文がでてきます。日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語、フランス語に対応 無料配信中。


Live in Japan 東京家具付き賃貸 world living Japanese Apartment 都会と田舎暮らし Japanese Guest house

結露

nav02.gif

結露の予防及び除去方法

以下の事項をチェックして結露を防止します。 
  1. 「換気に気をつける」
    部屋の換気に気をつけましょう。窓を開けたり、換気扇を回したりして、部屋の空気を巡回させます。入浴後の換気は、 窓開けなら最低3時間以上、換気扇でも最低2時間は必要です。また、調理中や炊飯時には、必ず換気扇を回しましょう。

  2. 「湿度を上げない」
    洗濯物はなるべく室内に干さないようにしましょう。室内には必要以上に植物や水槽などをおかないようにします。

  3. 「温度差を作らない」
    北側など冷えやすい部屋は、断熱材による補強や、二重窓にすると効果的です。(断熱材についての説明は、 (社)日本DIY協会「HOW TO DIY/省エネ対策」 を参考にしてください。)押入れやクローゼットは、外気によって壁が冷やされる上に、 収納物によって空気の対流が悪くなるので、結露を生じやすくなります。押入れには、 床や壁にすのこを置いて空気の流れをよくしたり、少し襖をあけておくとよいでしょう。

  4. 「風通しをよくする」
    部屋の隅は空気の流れが悪いので、温度が低く、湿気やすくなります。家具などは床から2センチ以上、 壁から5センチ以上のすき間をあけておくとよいでしょう。但し、 地震対策として家具を固定するのを忘れないようにしてください。

  5. 「結露防止用品」
    結露しやすい窓には、結露防止テープや断熱シートを貼ります。 結露防止テープも断熱シートも窓の大きさにあわせて切り取ることができて便利です。また、カーテンを厚いものにしたり、 二重カーテンにしても効果があります。

  6. 「室温をあげすぎない」
    部屋の温度が上がると、それだけ空気中に多くの水分を含むようになります。特に、暖房使用時は温度差が生じますので、 必要以上に温度を上げないように気をつけ、時々、換気を心がけましょう。

  7. 「湿度をチェックする」
    湿度計を用いて部屋の湿度が60%以上にならないように気をつけましょう。それでも、結露が発生したら、 早めに取り除くことです。水滴ができたら、ぞうきんやワイパー等で水滴をふき取り乾燥させます。また、 発生した水滴を取る結露防止テープも効果的です。カビが発生したときは、カビを取り除きます。