検索

メニュー

カテゴリー

カテゴリ000)カテゴリー一覧と見方

カテゴリ001)賃貸物件情報

カテゴリ002)おすすめ物件

カテゴリ003)お部屋探し~退室 

カテゴリ004)住まいのしおり

カテゴリ005)不動産用語集

カテゴリ006)賃貸Q&A

カテゴリ007)売買Q&A

カテゴリ008)在住外国人Q&A

カテゴリ009)地域・まち情報

カテゴリ010)外国人コミュニティー

カテゴリ011)外国人の住宅事情

カテゴリ012)教育・文化・娯楽

カテゴリ013)仕事情報

カテゴリ014)生活の豆知識

カテゴリ015)トラブルバスター

カテゴリ016)アドバイザー 『ブログ』

カテゴリ017)その他の情報

お問い合わせコーナー

「Live in Japan」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

外国人にとっても便利な部屋探しアプリ。英語対応の東京エリアの賃貸住宅物件の検索アプリ「Live in Japan for iPhone」地図を見ながら直感的にお部屋が探せる「マップ検索」や“ペット可”など希望の条件指定で絞り込みが出来る「こだわり検索」でお探しの物件が探せます。無料で配信中!App Storeからインストール。英語、日本語に対応。

「賃料計算機」iPhoneアプリ版ダウンロード無料!

部屋探しのサポーター。契約時の費用、契約期間の総額、マンスリーと普通賃貸どっちがお得、家具付賃貸と普通賃貸の賃料比較などが簡単にできます。 不動産用語もタッチするけで説明文がでてきます。日本語、英語、中国語、台湾語、韓国語、フランス語に対応 無料配信中。


Live in Japan 東京家具付き賃貸 world living Japanese Apartment 都会と田舎暮らし Japanese Guest house

第38回 「留学生10万人計画」 数は達したが・・。

第38回  もっと知りたい外国人事情

      留学生の住宅事情-その1
     「留学生10万人計画」 数は達したが・・。

就学生カラー.jpg 「留学生10万人計画」は83年に実施され、目標数字の10万は02年に達成した。その後も順調に数を伸ばし、いまでは13万を上回る数となった。国籍別では中国が90,746人(平成16年末)と全体の70%を占め、次いで韓国・朝鮮が12.7%と続く。他にはマレーシア、タイ、インドネシアからも多く、留学生の出身国総数は157と国連加盟国191の8割を超える。

 その数を地域別でみると、東京が一番多く次に大阪そして神奈川、埼玉、千葉と続く。大阪を除く1都3県で全体の過半数を占め、都市に集中する傾向があるようだ。ただ最近は、地方の大学も留学生を積極的に受け入れ始めたため、数の差はあるにしろ日本全国いたるところで留学生を見かけるようになった。

 さて、その留学生の住宅事情であるが、文部科学省の「留学生受け入れの概要」(03年)によると、留学生の75%は民間アパートを利用しており、学校の寮や公的施設を利用しているのは20%程度とのことだ。物価の高い日本である、私費留学生、特にアジアからの学生にとって、民間住宅の家賃は経済的に相当負担になるはずだ。彼らはそれをどうのように遣り繰りしながら、日本で生活をしているのだろうか。

( 財)日本国際教育協会の「私費外国人留学生生活実態調査」によると、「留学生の平均住居費は関東で3万4千円」ということで、日本人学生の住居費に比べかなり低い。しかし「住居のほとんど(93%)にはバスもしくはシャワー(共同も含む)がついている」という。住居費に大きな差があるのに、設備などに大差がないのはなぜだろうか。そのわけは、友達などと一緒に住むことで負担を減らしているからだ。

 留学生が日本人や日本文化に興味を持つきっかけはいろいろで、中学生時代にテレビドラマの「おしん」をみて日本と日本人に興味を抱き、日本に来たというバングラディシュの学生などもいる。せっかく日本と日本人に興味を持って、遠い国からきている留学生達だ、そんな彼らにもっと快適な住居を提供できないものだろうか。